ユメノナカ

目を閉じると、いつのまにか何にも聞こえなくなった

声さえも、音さえも

 

とある家族の食卓が映る

ちゃぶ台とそれを囲む面々と

 

ふいに尖った声が乱入して、それらは消えた